細やかに祝いたいなら家族婚が打ってつけ!

女の人

結婚式場の選び方

新郎新婦

神社で行う場合には

主に結婚式には女性がウェディングドレス、男性がタキシードを着て行うキリスト教式と女性が白無垢、男性が袴を着て行う神社挙式があります。神社挙式は古くからある日本の伝統文化でありながら、女性は挙式では白無垢を、披露宴ではウェディングドレスを着ることができます。伝統文化を体験したい、和装も洋装もしたいというカップルに人気の挙式となっています。そこで、会場となる神社の選び方について紹介します。神社挙式の場合、挙式は神殿で行われます。そこで注意しておきたいのが、神殿の収容人数です。主に新郎新婦の家族や親戚が参列するのが一般的ですが、なかには友人なども参列しているカップルもいます。自分たちの挙式で参列をしてもらいたい人を事前に把握しておいてから候補選びをするといいでしょう。また、挙式のみだけで済ませるか挙式のあとに披露宴も行うのかも決めておきましょう。披露宴の会場は参列者の移動負担も考慮して、主に神社から近いとこで行われることがほとんどです。披露宴は参列者以外にも複数の友人や会社の人、今までお世話になった人たちを招待することができるので、あらかじめだいたいの招待する人数を決めておいてから会場の下見をしましょう。そして、神社挙式では、挙式代、衣装代、演出代、撮影代、婚礼料理代、装飾代合わせて約30〜100万が相場と言われています。しかし、会場の規模や披露宴を行うかによって料金も大幅に変動するので、下見をした際に必ず確認してみることが大切です。最初から1ヶ所だけに絞るのではなく、神社と披露宴の会場をセットで何ヶ所か下見をして比較したうえで決めることがおすすめです。