細やかに祝いたいなら家族婚が打ってつけ!

結婚

良い思い出作りに

大阪には、多角的なニーズに応えるために、大小さまざまな結婚式場が存在しています。結婚式は、二人のこだわり、生き方の優先順位を示す場でもあることから、それを表現するにふさわしい場所を選ぶことが大切です。

結婚式場の選び方

新郎新婦

結婚式には主にキリスト教式と神社挙式があります。日本の伝統文化を味わうことができ、挙式では和装を、披露宴では洋装を着ることができる神社挙式を選ぶカップルが増えています。披露宴も行う際には神社との会場の距離も考える必要があるので、何ヶ所か候補を決めたうえで下見をし、最適な会場を見つけましょう。

選ぶカップルが増えてます

結婚

結婚式は会社の同僚や上司も呼んで大々的に挙げるものとされていましたが、近年ではビジネス上の付き合いの人たちは呼ばずに、親しい友人だけを呼ぶというカップルも増えてきました。また、友人たちへの結婚の報告は別にして、お互いの家族だけで結婚式を挙げるカップルも多いです。大規模な結婚式では、新郎新婦の親たちも挨拶などで忙しくなり、落ち着いて若い二人の未来を祝福することができませんが、家族婚では新郎新婦もその親たちもゆっくりと落ち着いて祝い合うことができます。家族婚では、お互いの両親や兄弟を呼ぶことが基本になるので、友人や恩人まで呼ぶことはできません。友人たちとは、また別の日に改めて結婚披露宴を行うカップルが多いです。その際、お互いの両親を呼ぶ必要がないので、友人同士でカジュアルなパーティ感覚で披露宴を行うことができます。家族婚は、少人数で行うため結婚式の費用も低く抑えることができ、その分新婚旅行を豪華にしたり二人の今後の生活のために資金を取っておくこともできます。親世代も現在の社会情勢を知っているため、結婚式で多大な費用をかけるよりも貯蓄に力を入れて欲しいという想いをもっている人も多いです。家族婚は、料理を用意する側も一度に多くの料理を作らなくてもよいため、作り立てを出すことができます。また、食べ物の好き嫌いや食べやすさなどのリクエストも受け付けてもらいやすいので、高齢者がいる家庭でも安心して料理を楽しむことができます。

あこがれの和婚

ウーマン

京都の結婚式は、とりわけ人気があります。京都でしかあげられない結婚式があるからです。観光地としても、有名な都市ですし、日本屈指の名所まであります。主役のふたりだけではなく、招待者までもがたのしめる結婚式となるでしょう。